譲渡条件と費用

保護猫を迎えるということ


ペットとしてではなく「家族」として迎い入れる覚悟はできてますか?

 保護する前の状況は私たちにもわかりません。すぐに慣れるとも限りません。

 ワクチン・ウィルス検査・回虫検査等は実施していますが 特別な場合を除き、精密検査まではしていません。

 譲渡後すぐに残念ながら病気になったり 亡くなってしまったりする子もいます。

 保護猫を迎えるということは 楽しいことばかりではありません。20年以上生きる猫も珍しくありません。

 闘病などつらいことや悲しいこともすべて受け止めるという気持ちを忘れないでください。

 子猫の場合、性格も体調も7カ月過ぎないと安定しないと言われています。

 先住猫や犬がいる場合、性格が合わない、病気がうつるなどのリスクもありますので
 あらかじめそちらを理解し、よく考えてご応募ください。

また、こまめに獣医にて健康チェックを行ってください

医療について

保護時ワクチン接種がすぐにできない子猫の場合は

必ず、インターフェロンと抗生剤 ノミダニ回虫駆虫(耳ダニ含む)をしてから

保護します。

2週間は隔離をします。(*パルボなど感染症の心配があるため)

インターフェロン・抗生剤を打つのは こういった感染症のリスクを少しでも

低くするためです。(免疫力をつけるため)

ワクチン接種ができる子については 接種と同時にインターフェロンを接種します。

(ワクチン接種から 抗体ができるまで数日以上かかるため)

※2021・10現在
ワクチン接種時にもインターフェロンを接種しています。

猫コロナのリスクを下げるための医療も取り入れることにしました(この治療をしたからと言って100%FIPにならないわけではありませんが、少しでもFIPのリスクを下げるためです)


その他、真菌・耳ダニ・猫風邪((クラミジアなど)必要に応じて医療をその都度受けています。

1匹だいたい 3回以上は獣医に通っています。(保護されてから譲渡までに)


譲渡までにどうしても治らない場合は 里親さんにご相談させていただきますが

できれば健康な状態で新しいおうちへ行けるように私たちも努めています。


不妊手術

不妊手術については その子の体調を見ながら体重が2kg以上の子については
こちらで手術をしてからの譲渡になります。
2kg未満の子に関しては 里親様のほうで手術必ずしていただきます。

譲渡条件

【譲渡基本条件】
〇終生飼育/完全室内飼い【脱走防止柵含む】
〇不妊手術・定期的なワクチンなど
〇譲渡契約書へのサインと身分証明書提示
〇写真付き定期報告
〇一部医療費等の負担(下記)
■ペット可住宅
  ※お見合いだけで終わった・トライアル期間で返却になった場合、交通費手数料を頂戴しますので予めご了承ください
    

■お届けお見合のため、ご自宅に伺います

都内の場合:交通費 3000円~5000円頂戴します
(高速代等により変わってきます)

 そのほかの地域は 500円~1000円交通費頂戴します

【追加条件】

◇家族全員の賛同を得ていられる方(ご家族に猫アレルギーがいないこと)
◇定期報告 LINEまたはメールにて1か月に1回以上写真付きで報告できる方【規定を守れる方】
◇外国国籍の方・ご自身で生計を立てて暮らしていない方(学生・留学生など)には譲渡は致しません。
◇ご自身またはご家族で経済的・健康面で長年猫を飼育していくのに問題がない方・ライフスタイルの変化が少ない方(猫は20年生きると思ってご応募ください)
◇ゲージのご用意は必須です。(ゲージのみの飼育は不可です。十分に運動ができるスペースご用意ください)
◇猫の健康のため 室内で喫煙をされている方への譲渡はお断りいたします。
◇脱走防止柵など必要な箇所への修繕等ご協力いただける方
◇先住動物は猫は2匹まで、犬は1匹まででお願いします
 ※ワクチン接種・ウィルス検査・成猫の場合不妊手術済み・ 完全室内飼いは必須
【子猫の譲渡について】
〇65歳以上の方・単身者・同棲カップルは応募不可です。
〇10歳以下のお子さんがいらっしゃる方はご応募は受け付けておりません(ただし、現在猫を飼われているおうちの方はご相談ください)
〇1日5時間以内の留守時間であること【3か月以下の子は必須】
〇環境に慣れたり、不安分離症にならないために2匹での譲渡が望ましいです。
【補足】
☆複数応募があった場合、
 ペアまたは複数で引き取れる方、ご家族でお住まいの方
 近隣の方を優先させていただきます。
☆単身者(同棲カップル)または65歳以上の募集が「可」になっている場合、「ペット可賃貸住宅」にお住まいの方は
 保証人(お身内)が必要です。※譲渡契約の際同席していただきます。

☆お見合いは「譲渡会」でお願いすることがございます。


お届け可能範囲

お届け範囲:埼玉県・千葉県・東京都
埼玉県:所沢あたりまで
千葉県:柏市・松戸市・流山市あたりまで
東京都:王子あたりまで(都内の場合はご相談ください)


アンケート

ホームページから直接お問い合わせいただく場合は下記のアンケート必ずお送りください


譲渡条件・費用などをよく読んで理解してからご応募ください。

また、お問い合わせメールには

以下を必ず明記してください(コピペで使ってください)

希望猫名:

掲載サイトのハンドルネーム:

1.お名前(フルネーム)

2.家族構成

3.年齢

4.ご住所(※番地・号室まで記入なき場合は受け付けません)

5.ご自宅電話番号および携帯番号

6.一日の在宅時間

7.猫の飼育経験の有無

8.同居猫の有無/いる場合は猫の情報(ワクチン・避妊去勢等)

9. ご家族全員の同意を得られていますか? はい・いいえ

10.ご家族の中で「猫アレルギー」の人はいませんか? いる・いません

11. ワクチン接種等の医療処置・不妊手術にご協力・ご報告いただけますか?はい・いいえ

12.定期報告(メールまたはLINE)できますか?  できる・できない

13.ケージの用意はできますか? できる・できない

14.この子を選んだ理由をお聞かせください

15. 猫の幸せのため 不躾なな質問をさせていただく場合がございますがご了承いただけますか? はい・いいえ

アンケートにお答えいただいていない場合は返信は致しません。

またフリーメールからの返信になりますので、ドメイン解除を行っておいてください。

また、迷惑メールに入ってしまう場合がございます。ご確認ください。

※お問い合わせをいただいた方には色々ぶしつけなご質問させていただく場合がございますので予めご了承お願いいたします。

譲渡費用について2022.4~


現在 さいたま市3か所
   柏市 2か所の獣医さんにかかっており 病状によって使い分けています。

各獣医さんの診察費が異なり、また獣医さんの値上げに伴い(再診料もとられています)

譲渡費用を少しUPさせていただきます。

譲渡費用はWithねこを運営していくために 餌代・砂代・水道光熱費等にも使わせていただきます。ご理解ください。

【猫にかかる経費(一律:詳細は下記ご参照ください)】

一律料金20,000円

※一律料金に含まれるもの

蚤ダニ回虫駆虫代 1回分

保護から譲渡までの フード代・砂代など猫にかかる費用の一部をご負担いただきます。

水道光熱費の一部ご負担

保護時または1回目のワクチン接種時のインターフェロン代

※一律料金の中に「Withねことして保護している猫がかかった医療費(猫によって異なります)を分担して負担していただいております」が含まれます。

譲渡の際の譲渡費用(上記込みで)

ウィルス検査・1回目ワクチンまでの場合 30,000円
ウィルス検査・2回目ワクチンまでの場合 33,000円
ウィルス検査・2回目ワクチン・不妊手術までの場合 38,000円

2021.10~】猫コロナ予防の注射 1回 2,500円

上記猫コロナ予防の注射は 最低2回は摂取させます。

その他 以下の医療費がかかった場合はご負担お願いします(再診料が含まれています)

追加で3種ワクチン(3回目以降)3,500円

インターフェロン・抗生剤追加(2,500円×回数分)※猫風邪などの場合

5種ワクチン接種した場合 4,500円

ウィルス検査追加で行った場合  5,500円

マイクロチップについて

2022年より飼い主のマイクロチップ導入が義務付けられています。
マイクロチップをWithねこのほうで入れた場合は
各獣医の金額にて譲渡費用に上乗せさせていただきます。

上記以外 真菌治療費・ノミダニ(耳ダニも含む)回虫駆虫が2回以上かかった場合

上記以外の医療費がかかった場合はその分をご負担いただきます。

※交通費・高速代は お届け場所により異なります。別途 ご負担お願いします。

  3,000円~(埼玉県内の場合は3,000円です)

譲渡までにご用意いただきたいもの

譲渡までにご用意いただくもの
ケージ(必須)※2段または3段
水のみ(ケージ用と室内用)
猫トイレ(猫砂※現在はおから砂使用)
フード用のお皿
キャリーバッグ(上ふたが開くものがお勧め)
※今は大きいと感じても大きめのものを選びましょう。
その他:爪とぎ・ニャンモック・キャットタワー・おもちゃ
子猫が食べているフード(ロイヤルカナン マザー&ベビー) ムースタイプ・ドライ
おとな猫 ロイヤルカナン